本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

携帯キャリアのサブブランドの注意点

2022-05-30
カテゴリ:PC・スマホ
チェック

現在筆者は1年くらい使ってた

楽天モバイルからahamoへ換えたというお話は

楽天モバイルをiphoneで使ってみた 最終章」 

書いた通りです。

 

ドコモのサブブランド(ドコモは認めていないけど)なので

通信・通話ともに快適です。

また5G通信が使えるんです。

 

一応仕事場の方なのですが、
4Gだと数十Mbpsですが

5Gだと仕事場付近では300Mbpsを超えてくるんですね。

 

ただ、4Gと5Gを比べて圧倒的に早い

という感覚はないんですよ。

 

仕事はでは4Gで18、5Gで320くらいなのですが

ネットを見る程度では大きな差は感じられませんでした。

 

おそらくもっと情報量が多いサイトや

情報量が多いデータをやり取りする場合に

大きな違いが出てくると思われます。

 

つまり現状の私くらいの生活環境では

今のところ、5Gの恩恵は受けにくい

ということのようです。

 

で、このサブブランドのahamoですが

契約するときにはここまで重要になるとは思わず

深く考えなかったのですが

現在結構後悔してたりします^^

 

というのも、詳しく調べなかった私の自己責任なのですが

サブブランドで使えなくなるのがキャリアメールと留守番電話

と思っていたんですね。

 

まさか転送まで使えないとは

思ってもみませんでした。

 

というか、iphone単体で着信転送の

設定ができるではないですか。

 

それで回線が転送できない契約でも

機種の方でできると勘違いしていたんですね。

 

私が使っているのはiphone 12 pro maxです。

はい、非常にデカいです^^

私は目が悪いので画面は大きいほど良いんです。

 

私的にはipad miniサイズのスマホでも

全くノープロブレム。

画面が大きいほどgoodなんです。

 

まあ、流石に10インチとかは大きすぎますけどね^^

 

で、室外で仕事をするときはスマホを

持ち歩きますよね。

この時に大きいiphoneが非常に邪魔なんです。

 

使うときは大きいほどよく

持ち運ぶときはコンパクトなほど良いですよね。

 

そこで解決策として以下の2つの方法を

考えました。

1.小さいスマホにする。

2.スマホ専用のウェストポーチなどを使う。

 

1はちょうどrakuten miniを持っているので

すぐにでも変更できます。

でも小さいので目が悪い私には難易度が高いです。

 

何より、キーボードが小さくてうまく文字が

入力できません^^

なので、却下。

 

2も以前のものがあるのですが、

iphone 12 pro maxレベルの大きさだと

ポーチ自体も結構大きくなりかえって

邪魔になってしまうんですね。

 

なので2も却下。

そこで考えたのが転送という方法。

 

仕事場から出てスマホを使う時って

大抵電話ですよね。

つまり電話ができる状態であれば

ほぼ困らないわけです。

 

ここで登場するのがガラホ。

価格も約3万円です。

これに現在契約しているpovoを使えば

何と約1600円/月で話し放題の

ガラホの出来上がり^^

 

この方法なら機種代はかかりますが

現在の契約だけで賄えます。


外へ出かけるときはガラホを持っていき
電話はこのガラホへ転送すれば良いわけです。

 

で、iphoneの転送設定を・・・

と見てみると

転送設定をするためのメニューがないんです。

 

本来なら「設定」→「電話」と進めると

そこには「自動電話転送」というメニューがあるはずなんです。

 

が、私のiphoneには表示されてないんですが・・・(汗)

 

ネットを見ていくとどうも

ahamoには転送機能がないからのようです。

 

ネットにもahamo、povo、linemoでは

留守電、転送はできないと書かれてます。

 

はい、よく調べなかった私が悪い!

でもまさか、転送を使う日が来るとは

思わなかったですし・・・

 

転送が使えるMVNOに契約を変えればよいのですが

ahomo自体は悪くないんですよね。

なので契約変更には気が引けてます。

 

それで現在はポーチの良いのがないか

探している最終なのです。

 

キャリアのサブブランドはデータ通信の速さが

時間帯にそこまで影響されにくいので

使い勝手が良く、キャリアほどの費用もかからない

というのが特徴ですが

良く調べてから契約するのがベターです。

 

うん、私も契約時には全く困ってなかったんですよね。

ただ、まさか転送を使うことになるとは予想だにしなかった

というのが唯一の見落としでしょうか。

 

これは余談ですが、auのサブブランドの

UQモバイルってあるじゃないですか。

 

流石にUQとpovoではデータ通信の速さに

差はないと思いますが

実は楽天が間借りしてたau回線。

 

ここはUQとでは差がありました^^

 

というのも、当時私は楽天で嫁がUQ。

で、機種は同じiphoneながら私12pro max、

嫁8だったんですね。

 

そこで同じ測定アプリをインストールして

比べてみたんです。

 

すると嫁22Mbps。

で、私15Mbps。

この時に私のiphoneがつながってたのは

言うまでもなくau回線です。

 

測定誤差?と思って何回が試してみましたが

結果は同じ。

5~10の差が出ます^^

 

やっぱり自前贔屓?

まあ、自分の所と他とで差が出るのは

仕方がないのかもしれません。



2022-03-14

楽天モバイルをiphoneで使ってみた 最終章

2022-03-14
カテゴリ:PC・スマホ
チェック

楽天モバイルにMNPで換えて早一年ちょっとが経ちました。

私の生活圏では自宅、仕事場以外は何とau回線。

 

この辺りは楽天が入らない場合もあるけど

auの電波の方が強いためそちらを拾う

ということのよう。

 

ただ自宅は楽天の電波が入らない確率は

けっこう高いと思います。

 

また仕事場(会社ではない)では建物の上下で

入ったり入らなかったりで

さらに通話にもかなり支障をきたしてました。

 

そこで最初に考えたのがpovoとの併用。

iphone12(pro max)なのでデュアルSIM。

 

今の電話につながらないときに

Povoの方へかけ直してもらうという戦法です^^

電話を受けるだけならpovoは

ほぼ無料で使えますから。

 

ただつながらない、つながりにくい時に

こちらからかけるときもpovo。

それで通話料金が・・・(汗)

 

というわけで、根本的に解決するために

楽天からMNPすることにしました。

 

無料なら今のままでも良いか

と思たのですが、有料だとストレスしかありません。

 

それでpovo以外を選択するこにしました。

なぜpovo以外かって?

 

Povoって3G契約なら30日ごとに

こちらでトッピングしないといけないんですよ。

 

それだと面倒くさいし、31日の月だと1日損ですよね。

 

で、候補にあげたのがahamoとocn。

ただ支払い方法がocnは1つしかないんですね。

 

それでahamonに決定。

 

20Gは多すぎですが

私の使用量は1カ月で5Gを超えるので
 本当なら10Gのコースがあればベストでした。

 

また会社ではauは電波が入りづらく

ドコモならOKということも理由の1つです。

 

Ahamoに換えてからは通話に支障をきたす

ということもなく問題なく使えてます。

 

また20Gという大容量なので

G数を心配することなく使えるてます。

ここ意外と大きいかもしれません。

さて今回見送った楽天モバイルですが

今後の動向には注意が必要です。

 

コスパは間違いなく楽天モバイルが

一番だと思っています。

 

今後楽天のカギとなるのがプラチナバンドの取得。

これができれば、電波の届きやすさが今までと

雲泥の差となるからです。

 

そうなれば、私もまた楽天モバイルに

カムバックとなるでしょうね。

 

そうなってくれることを切に願っています。

だって家計にやさしいですから^^
有限会社 環境産業
〒851-0111
長崎県長崎市上戸石町2077-1
TEL.095-830-1111
FAX.095-830-1313

───────────────────────
1.産業廃棄物処理業
───────────────────────
◎優良認定 
特別管理産業廃棄物の
中間処理業にて
優良認定されました。
 
 
エコアクション21取得!
環境産業の環境活動レポートを公開しています。 
 
 
(上をクリックすると環境活動レポートが見れます)
 
TOPへ戻る