本文へ移動
◎優良認定
特別管理産業廃棄物の
中間処理業にて
優良認定されました。
 
エコアクション21取得!
環境産業の環境活動レポートを公開しています。
 
(上をクリックすると環境活動レポートが見れます)
有限会社 環境産業
〒851-0111
長崎県長崎市上戸石町2077-1
TEL.095-830-1111
FAX.095-830-1313

───────────────────────
1.産業廃棄物処理業
───────────────────────

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マスクをつけてもメガネが曇らない方法

2020-05-30
コロナの影響でマスクをつけるということが
通常になっていますよね。
でも筆者を含めてマスクをつける
ということが非常に困難になる人もいます。
その代表的な人たちがメガネをかけている人。
マスクを透けるとメガネが曇ってしまい
前が見づらくなってしまうんです。
そこでマスクをつけてもメガネが曇らない方法を
筆者が色々試してみたので、それを書いてみますね。
1つ目は、マスクの上の部分を少し内側に曲げて
使用するという方法。
これは内側に少しマスクを曲げることで
ここでメガネへ向かってくる息をガードするというものです。
実はこのやり方は警察も推奨する方法なのです。
が、私の場合はやり方がまずかったのか全く効果なし。
はい、バリバリ曇りましたから^^
2つ目は、そういう風にあらかじめ作られたマスクを
使用する方法。
こういうマスクもあったんだ!と少し目からウロコ状態。
流石目的に沿って作られただけあって
効果は感じ取れます。
しかしやぱり曇る。
特に鼻のところがきちんとフィットしていないと
効果がほぼなし。
またきちんとしていてもやっぱり曇ります。
ただある程度はカットしてくれるので
歩く程度なら問題なし。
ただバイクや車の運転中はちょっと・・・。
3つ目はレンズの曇り止めを使用する方法。
確かに使えるけど、一瞬曇るのがちょっと・・・
でも2と3を組み合わせるとより効果が・・・
これなら大丈夫かな?私感覚ですが。
そして4つ目。
多分これが一番最強。
つまりコンタクトにするという方法。
私はコンタクトを使ったことがないのでわかりませんが
おそらく曇りとは無縁かと。
ただコストがかかりすぎるのが難点だけど。
結果、お金をかけても良いなら4、
それ以外なら2か3、できれば2と3の組み合わせ
ということになりますね。

コロナウィルス対策で納豆は本当に効果がない?

2020-03-28
カテゴリ:生活
チェック
最近東京では、日に日に感染者が増えていますよね。
これもクラスターが原因なのでしょうか?
 
つい最近ですが、納豆やヨーグルトなどで
コロナウィルスの対策にはならないという
報道や書き込みが多数見受けられました。
 
でも本当に納豆やヨーグルトなど
健康食品ではコロナウィルス対策にはならないのでしょうか?
 
今のところ、新型コロナウィルスには
富士フィルム富山化学が開発したアビガン
という新薬に効果があるといわれれいます。
 
中国では効果を確認したとも伝えらていますよね。
 
確かにコロナウィルスそのものを撃退するには
このような薬しか有効な手段はないと思います。
 
でも感染する前、発症前は薬ではなく
他の手立てもあるような気が・・・
 
それが健康食品なのではないかと思います。
 
ある番組では、コロナウィルスは感染しても
発症しないと症状は起こらないと言ってました。
 
つまり発症して初めて咳が出たりするということですね。
その度合いに個人差があり重症の人もいれば
軽症の人もいるわけです。
 
ただ注意して欲しいのは、発症していなくても
感染しているので他の人に移すことはできるという点です。
 
東京で次々に感染者が増えているのも
この辺に原因の1つがありそうですよね。
 
感染していても症状が出ていないから
周囲はおろか本人でさえわからない。
だから他人と接触してしまい感染させてしまうということです。
 
これらに対してある番組では納豆などの健康食は
良いのではないかと言っていました。
 
コロナウィルスを撃退する力はないけれど
免疫力を上げる効果はあります。
 
ということは、免疫力が低い人よりかは
感染しにくく、感染発症しても重症化しにくいというわけです。
 
また完治するまでの期間も短くなると思われます。
 
納豆やヨーグルトなどは腸内環境を改善して
免疫力を高めるということは広く知られていることですよね。
 
それならば、感染する前なら免疫力を高めて
感染に備えるということではコロナウィルス対策として
十分に効果があるのではないでしょうか。
 
私的には報道されたように全く無意味とは
どうしても思えないのです。
 
ただ免疫力を高めるということは簡単にすぐに
というわけにもいかないので
日々の努力のたまものということは念頭において
行動した方がよさそうです。

殺菌剤の代用品

2020-03-11
カテゴリ:生活
注目
新型コロナウィルスの流行でマスクはおろか
アルコールなど消毒をする殺菌剤も売り切れ状態ですよね。
 
手洗いやうがいも大事ですが
ウィルスが付着していると思われる個所の
消毒も同じように大切です。
 
それで市販されている消毒液の代用として
一番思いつくのがエタノール。
 
薬局では消毒用エタノールとして
売っています。
 
これを80~90%になるように水で薄めて
使用することで殺菌ができます。
 
ただこれは誰もが思いつくことなので
売り切れ続出になることも十分に考えられます。
 
そこでアルコールに代わる殺菌剤を
ここでは書いていきますね。
 
キッチンでよく使われる洗剤にキッチンハイターがありますよね。
実はこれには塩素(実際には少し違う)が入っていますので
これを使用することで消毒液になるんです。
 
推奨される塩素の濃度は0.05%。
キッチンハイターの裏をよく見てまずは塩素濃度を確かめてください。
 
またキッチンハイターでなくても
塩素系漂白剤でも代用できます。
 
写真は私の家のキッチンハイターです。
もちろん塩素系。
裏のラベルに成分や使用方法などが書かれています。
塩素成分は次亜塩素酸ナトリウムというものです。
 
これを0.05%にするのですが、
これには含有量が書かれていないので
正確に0.05%にはできません。
 
それで使用例から一番近いものを選ぶようにします。
家のドアノブやテーブル、床などを拭くことを想定すれば
この例では冷蔵庫や食器棚を選ぶと良いでしょう。
 
5リットルの水にキャップ半分入れればよい
ということが書いてあります。
 
こうして作ったものでテーブルやドアノブなどを拭けば
消毒ができます。
 
子供への影響が懸念される場合は
拭いた後しばらくして水拭きをすると良いと思います。
 
もちろん新型コロナウィルスに感染していない
水や布を使用します。
 
アルコールなどは売り切れが予想されますが
キッチンハイターなどはまだまだあると思います。
 
ただ今朝テレビでこの方法を紹介してたので
もしかしたら買い溜めが発生するかもしれませんね。
TOPへ戻る