本文へ移動
◎優良認定
特別管理産業廃棄物の
中間処理業にて
優良認定されました。
 
エコアクション21取得!
環境産業の環境活動レポートを公開しています。
 
(上をクリックすると環境活動レポートが見れます)
有限会社 環境産業
〒851-0111
長崎県長崎市上戸石町2077-1
TEL.095-830-1111
FAX.095-830-1313

───────────────────────
1.産業廃棄物処理業
───────────────────────

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 
2018-06-14

ダイエットの正しいやり方

2018-11-14
カテゴリ:生活
齢をとってくるとだんだんとお腹も出てきて
メタボにもなったりします。
 
また血圧や血糖値、その他の項目も
基準値を超えることがあるのではないでしょうか。
 
そんなときはやっぱりダイエット
これは何歳になっても変わらないのかもしれませんね。
 
ただダイエットと聞くとすぐに思いつくのが
運動、食べる量を減らすというもの。
 
でも運動にしても食べる量を減らすにしても
やりすぎはいけません
 
よくやりがちなことが、断食です。
これってダイエットでする人が多いのですが
間違った方法なのです。
 
この方法でやっていると確かに痩せるけど
ある程度のところで一向に体重が落ちなくなります。
 
これは体へのエネルギー供給が絶たれているので
体の自己反応により生命を維持するためのようです。
 
またこの方法では反って太りやすい体質になるので
食事を元に戻すと、また太ってしまうのです。
これが所謂リバウンドというものです。
 
運動もやりすぎはいけません。
というのも、継続してやるからこそ効果が出ます。
でも、途中でやめてしまうと効果はでないのです
 
ではどんなダイエットが良いのかというと
一日に必要なカロリーはバランス良く摂取し
継続してできる運動量をする方法です
 
それで大抵の人はウォーキングをするようです。
ウォーキングだとそんなにきつくないので
続けられる人が多いのだと思います。
 
ただウォーキングは最低でも30分はしないと
効果は期待できないようです。
というのも、消費カロリーが少ないからでしょう
 
ダイエットする場合、摂取カロリーよりも
消費カロリーを多くしないと痩せれません。
 
齢をとってくると基礎代謝が少なくなるので
消費カロリーを上げようとすれば
それなりの運動量が必要になります。
 
これが年配になるほど痩せにくくなる理由なのです。
 
また年配になるにつれ、一日に必要なカロリーも
少なくなってきます。
なのに若いころと同じような食事の量を食べていれば
太るのは当然ですよね。
 
これがいわゆる中年太りというものなのです。
 
適切なカロリー摂取で、継続した運動をしていれば
必ず効果はあるので健康が心配な方はやってみては
如何でしょうか。

体を健康にするための運動のやり方

2018-10-13
カテゴリ:生活
人間、体を動かさないとなまってきますよね。

また齢を重ねるごとに動きも悪くなってきます。
そうなれば体力も落ちてくるので
病気にもかかりやすくなります。
 
したがって健康を維持するためには
ある程度の運動が必要になってくるわけです。
 
ただ運動と言ってもランニングや筋トレのような
きついものをしなければいけないというわけでもありません。
 
要は、継続できる運動を自分ペースで行う
ということが大切になってきます。
 
それで一番コストもかからず、手軽にできるのが
ウォーキングではないでしょうか?
 
これを毎日少しづづでも継続してすることで
体力がついてきますので免疫力が高まってきます。
 
免疫力を高めるという点においては
同時に腸内環境を整えるということも並行すれば
大分違ってくるでしょう。
 
またメタボを気にしているという方は
運動量・・・というか消費カロリーを多くする必要があります。
 
ウォーキングでも時間を長くするとか
起伏のコースにするなどの工夫が必用になってくると思います。
 
運動しているときに脂肪を燃焼させるという点では
運動前にコーヒーを飲むとよいそうです。
 
ただし、砂糖やミルクなしのブラックに限ります。
というものこれからカロリー消費しようというときに
カロリー補給したら元も子もないですから。
 
これから寒い季節になります。
カロリー消費を行う場合は寒い季節が実は
うってつけなのです。
 
寒いと体温を一定に保とうとしてエネルギーを
消費します。

このエネルギーの基になっているのが脂肪というわけです。
最近ちょっとメタボが・・・という方は
これからの季節に試してみては如何でしょうか。
TOPへ戻る