本文へ移動
◎優良認定
特別管理産業廃棄物の
中間処理業にて
優良認定されました。
 
エコアクション21取得!
環境産業の環境活動レポートを公開しています。
 
(上をクリックすると環境活動レポートが見れます)
有限会社 環境産業
〒851-0111
長崎県長崎市上戸石町2077-1
TEL.095-830-1111
FAX.095-830-1313

───────────────────────
1.産業廃棄物処理業
───────────────────────

スタッフブログ

給与、給料や賃金の違いとは?

2020-01-11
カテゴリ:生活
あけましてめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
 
私たちは会社で働きその対価として
給料をもらっています。
 
でも給与、給料、賃金を混同して使用している
という人が多いと思います。
 
私の場合も混同し放題です^^
 
3つはそれぞれ法律等できちんと棲み分けされているようです。
まずは給与から。
 
給与とは支払われる全てのものを給与と言います。
つまりボーナスや手当など全てを含んだものが
給与というわけです。
 
それに対して給料とは基本的には基本給のことを
指しているようです。
つまり固定給と言っても良いでしょう。
 
なので残業代などその月によって変動したりするものは
給料には含まれないということです。
 
よく「今月分の給料が出たから・・・」
などと言って飲みに行ったり買い物をしたりしますが
厳密に言うと違うということですね。
 
また賃金も支払われるものす全てを指しています。
これって給与と同じでは?
と思いますよね?
 
でも給与と賃金には明確な違いはきちんと
法律で定められています。
 
給与には通貨の他に割引券や商品券など
通貨でないものも含まれます。
 
対して賃金は通貨のみとなっています。
ちなみに労働基準法では24条で
「賃金は通貨で、直接労働者に支払わなければならない」
となっています。
 
通貨以外で支払うには会社と社員との間に
協定が必要になるようです。
 
如何でしたか?
給与、給料、賃金は似ているけど
厳密には少しづつ違っています。
 
でも私たちが普段混同して使っている分には
意味が通るという上では良いのではないでしょうか?
 
TOPへ戻る