本文へ移動
◎優良認定
特別管理産業廃棄物の
中間処理業にて
優良認定されました。
 
エコアクション21取得!
環境産業の環境活動レポートを公開しています。
 
(上をクリックすると環境活動レポートが見れます)
有限会社 環境産業
〒851-0111
長崎県長崎市上戸石町2077-1
TEL.095-830-1111
FAX.095-830-1313

───────────────────────
1.産業廃棄物処理業
───────────────────────

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

お勧め?の格安スマホ

前回、SIM解除のことで書きましたが、
わかってみれば、現状持っているスマホでは
大した節約にはならないことがわかりました。

気長に、今持っているスマホでも
SIM解除できるようになるまでまてば、
かなり料金を節約できるようになるのですが・・・。

ただ、SIM解除が今年の5月からできるようになっても
機種代の問題が残ります。

2年契約にしないと分割支払いできないとか、
今でもかけ放題+データ通信制限なしのプランでないと
機種代金を安くできる毎月割りは使用できないですよね。

そこで私が目をつけたのが、今人気の
格安スマホなんです。

というのも、私の家族の1人がまだガラゲー使っていて
そろそろ電池消耗が激しくなってきたのもあり
スマホデビューしようとしているからなんです。

でもガラゲーより遥かに高いスマホの
利用料金は支払いたくないというのが本音。

機種代は良いとしても、通話料金とデータ通信量で
一番安いプランで6500円(税抜き)は高すぎます。

そこで目をつけたのが格安スマホ。
データ通信ではそんなに早い通信はいらないし(3G程度でよい)
スマホの機能もハイスペックスマホまではいらない。

だから格安スマホの機能で十分なんです。
そこで機能面や月々の支払い価格の面など
これなら納得というものを2つ選びました。

その1つがYモバイル
天下のYahooが経営してます。

選んだ理由は、何と言っても月々の支払い額。
何と2980円(税抜き)。

この中には、高速データ通信量1G+通話料も含まれているんです。
ただし、この通話料は月に10分以内の国内通話(キャリア、機種はどれでも)
300回という制限つきではあります。

でも、月に300回って言ったら、平均日に10回もできるので
かなりの回数だと思います。

でも追加オプションで1000円(税抜き)支払うと
この回数と時間がなくなるようです。

またデータ通信は1Gを超えるとその月は
128kbpsへ速度が落ちます。
もちろん、有料でデータ量を追加できます。

このプランの他に、データ量が多いプラン、
分け合えるプランも用意されているようです。

そして私が選ぶ機種はNexus5。
Iphoneで言うところの5とか5sですね。

分割払いでき、24分割で何とセロ円(汗)
他社乗り換えだと無料のようです。

nexus5が無料なら、私的には十分。
さらに、故障などの保険のオプションも月々540円とリーズナブル。

それで月に税込みで3758円。
無料通話の制限撤廃のオプションに入っても
4838円と実に経済的ですよね。

nexus6もあるのですが、こちらは少々値が高く
24分割で月に3132円別途かかるようです。

次にお勧めなのが、PC DEPOT店舗で扱っているスマホ。
o'zzio Phoneなら、機種代無料、通話付きSIMカードは
データ通信が低速無制限なら無制限で、月に1490円。

高速、と言っても14.4Mbpsだけどそれが3Gまで付いて
月に2490円(3Gを超えると128kbpsへ低下)。

ただこの機種の強みは、オプションにあります。
iPad mini 16G Wi-Fi版やwindows8タブレット(8インチ)が
月500円で使えることです。

ただ、スマホの性能がYモバイルに比べて少し劣ります。
またデータ通信は速度的に3Gです。

私の家族の場合ならこれで十分なので、
タブレットは子供用にでもするかな?と思います。

詳しくは↓



他にも色んなところから格安スマホは出てますが、
他に良さそうなところは、biglobeかイオンですね。

価格的、スマホの性能的に良かったです。

格安スマホの通話料はYモバイルでも無料の制限を越えると
約20円/30秒かかります。

でもYモバイルなら1000円のオプションに申し込めば良いし、
その他のものでも、楽天電話などに加入すれば通話料は
半額になります。

ちなみに、楽天電話は基本料金などはないので
使わなければ料金は無料です。

 

大手キャリアのスマホのSIMフリー化

携帯大手キャリアのスマホが今年の5月から
無料でSIMフリー化できると先日書きました。

それについては、間違いないのですが、
私が思っていた思惑と少し違うことも出てきたようです。

今回は、大手キャリアスマホのSIMフリー化による
事実確認について書いてきます。

まず、今年の5月1日からau、ソフトバンク、
NTTドコモ(以下:ドコモ)で契約しているスマホの
SIMロックが無料で解除できるようになります。

私は、現在持っているスマホも同じようにできる
と思っていたのですが、どうやら適用されるのは
今年の5月1日以降に発売された機種のようです。

つまり今持っているスマホは、現状では
SIM解除はできないことになります。

ただ、推測ですが、いづれは解除できるように
なるでしょう。

ただし、その場合には無料ではないかもしれません。
時期については、大幅な買いが予想される
Iphone7(仮名)の発売以降となるのではないでしょうか?

さらにはIphone5s以前のIphoneを
SIM解除できるようになっても
auで契約しているIphoneはau以外では
使えない可能性が高いようです。

これはドコモやソフトバンクの通信方式と
auのそれとが違うからです。

MVNOサービスもほとんどがドコモを使用しているので
auのIphoneは使えないようです。

さらにau系列のMVNOサービスでも
Iphoneが使用できるかどうかは、現状ではわからないようで
保証対象外となっているようです。

ということは、現在auを使っている方にとっては
今回のSIMフリー化はあまり得をしないということですね。

ただし、Iphone6を含め、それ以降の機種の中身は
3キャリア同じになるようなので、その後はSIMフリーの
恩恵を受けるようになるでしょう。

またIphone6もSIMフリー化できるようになれば
MVNOサービスを受けることができるようになります。

1つ注意して欲しいのは、5月以降に出てくるスマホは
必ずしもSIMフリーではないということです。

おそらくSIMロックはかかっていると思われます。
ただ、SIMロックの解除依頼をすれば、法律に沿って
キャリアの方は無料で応じなければならないので
結果、SIMフリーになります。

今回の変更は、あくまでもSIM解除の依頼には
無料で応じなさいということですから。
 
ただ、SIMフリーになる分、機種代金は少し高めに
なるでしょうね。

次回は、今、人気になっている
格安スマホについてです。

いろいろ調べて、私ならここのこのスマホにする
というものを2つすでに選んでいるので
その辺りについて、書こうかなと思っています。
 

クリスマス!正確にはどこからどこまでの期間?

クリスマスというと、普通は12月24日から12月25日の
2日間を言いますよね。
 
ということは、23日が終わった時点、つまり
24日の午前0時からクリスマスとなるのでしょうか?
 
実はクリスマスにはきちんとした定義があって
どこからどこまでというのが、きちんと決められているようです。
 
それによると24日の日の入りから、25日の日の入りまで
本当のクリスマスだそうです。
 
日本では25日の夜にも、クリスマスイベントや
プレゼント交換、プレゼントなどをしてますが、
実は、そのときはすでにクリスマスではなかったということですね。
 
クリスマスと言えばサンタクロース、
サンタクロースと言えばトナカイです。
 
このサンタに付きもののトナカイですが、
実は名前が付いているって知ってました?
 
日本では、サンタが1匹のトナカイが引くソリに乗っている
というイメージが強いですよね。
 
そのトナカイの名前は、ルドルフというそうです。
ただ、特に海外ではソリを引くトナカイは1匹だけではありません。
何匹もいるのが普通です。
通常は他に8匹のトナカイがいて、それぞれに名前があるそうです。
 
その名前はDasher(ダッシャー)、 Dancer(ダンサー)、
Prancer(プランサー)、 Vixen(ヴィクゼン)、
Comet(コメット)、 Cupid(キューピッド)、
Donner(ドナー)、 Blitzen(ブリッツェン)と言うそうです。
 
ということは、サンタにも名前がある?
と思うかもしれませんが、残念ながら私が調べた限りでは
名前はありませんでした。
 
ただ、今はサンタクロースと言ってますが、
以前は違っていたようです。
 
サンタクロースの起源はセントニコラウスにあります。
セントニコラウスがら現在のサンタクロースになったようです。
 
昔、ニコラウスという人がいて、ある日貧しく嫁にも行けず、
身売りしないと暮らせないような家庭の存在をニコラウスが
知ってしまいます。
 
そこでニコラウスは夜に煙突から金貨をその家に
投げ入れるようにしたのでした。
 
当時は、煙突の下の暖炉には靴下が干してあり、
投げ入れられた金貨は靴下の中へ入るわけです。
 
これが、現在の「クリスマスプレゼントは靴下に・・・」
という名残になったと言われています。
 
その後ニコラウスの名は、崇められ「聖ニコラウス⇒セントニコラウス」
と呼ばれるようになり、それがサンタクロースになったというわけです。
 
でも、サンタクロースの由来に、まさか心温かくなる
逸話が隠れているとは夢にも思わなかったですね。

TOPへ戻る