本文へ移動
◎優良認定
特別管理産業廃棄物の
中間処理業にて
優良認定されました。
 
エコアクション21取得!
環境産業の環境活動レポートを公開しています。
 
(上をクリックすると環境活動レポートが見れます)
有限会社 環境産業
〒851-0111
長崎県長崎市上戸石町2077-1
TEL.095-830-1111
FAX.095-830-1313

───────────────────────
1.産業廃棄物処理業
───────────────────────

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

トレーニングで意外にも勘違いしているところ

2018-09-01
カテゴリ:生活
年齢を重ねると身体が段々と老化して
体系に変化が出てきますよね。
 
筆者も半世紀以上生きているので
例にもれず、そうなって言います(汗)
 
それで少しでも体力をつけようと
日々トレーニングしているのですが、
これまで常識と思っていたことが
実は勘違いで間違いだったというものがあります。
 
ここではそんなトレーニングで勘違い
ということを2つ紹介します。
 
1つ目はウォーキングでは20分以上やらないと
脂肪が燃焼されないというものです。
 
お腹が出てきて、医者からもメタボを
指摘されたという人はお腹を痩せさせるために
ウォーキングなどの有酸素運動をします。
 
それは脂肪燃焼は有酸素運動によって
燃焼されると言われるから。
 
でもウォーキングなどの軽い運動では
し始めてから20分後から脂肪燃焼が始まるので
20分以上ウォーキングしないといけない
と言われてきました。
 
でも、これは実は間違いだそうです。
 
有酸素運動で燃焼される脂肪は
お腹(体脂肪)や内臓(中性脂肪)にある
脂肪ではなく、血中にある脂肪だそうです。
つまり、運動し始めから脂肪は燃焼されている
というわけです。
 
20分というのは、血中の脂肪が少なくなり
体脂肪や中性脂肪が血中に溶け出す時間のようで
その分だけ脂肪が減るわけです。
 
したがって少しのウォーキングでも脂肪は減るようですが
それは消費カロリーに比例するので
なるべく時間を多くした方が効果も大きいです。
 
2つ目は、筋トレのしていて途中でやめると
付いた筋肉が脂肪に変わるというものです。
 
これも以前からよく言われていますよね。
実際のところ、筋肉が脂肪に変わるということは
有り得ないそうです。
 
というのも、脂肪と筋肉は全くの別物なので
変わるということは無いようです。
もし筋肉が脂肪になるなら逆もあり得ますよね。

筋肉が脂肪に変わったように感じるのは、
筋トレをやめたことで筋肉が減って消費カロリーが減り
それ以上にカロリーを摂取するので
脂肪が増えたことによる錯覚なのです。
 
なので、筋トレを途中でやめたときは
摂取カロリーを減らすなどの工夫が必要です。
 
以前なら当たり前だったこの2つが
実は間違いだったとなれば、
日頃のトレーニングももう少し楽にできそうですよね。
 
トレーニングのコツは、きついトレーニングを
毎日繰り返すよりも自分が出来る範囲のものを
毎日することです。
 
きついトレーニングは最初からはきつくて
長続きしないです。
 
それよりも少しで良いので
長く継続した方が結果もでます。
 
自分にあった運動量で継続させる
これがトレーーニングのコツであり
効果的なダイエットなのです。

白髪ケアで注意すべき2つのこと

2018-08-17
カテゴリ:生活
齢をとるにつれ白髪も増えてきますよね。
筆者もかなり増えて、遠目からもわかる状態です。
 
白髪ができる原因は、髪を黒くしている
メラミンを作っている細胞が何らかの原因で
ダメージを受けているから。
 
つまり髪が黒いのはメラミン色素があるから
ということです。
そのメラミン色素ができなくなれば
髪が白くなるのも当然ですよね。
 
メラミン色素を作っている細胞が
ダメージを受ける原因の主が老化。
だから年配者には白髪が多いのです。
 
でも白髪は隠したいという人が
多いと思います。
それで白髪ケアをしているという人が
少なくないです。
 
でも折角の白髪ケア。
間違った方法でするととんでもないことに・・・。
 
1つは、白髪を抜くという行為。
よく白髪を抜けば増えると言われますよね。
実はこれって本当のようです。
 
上にも書きましたが、白髪はメラミンを作る細胞が
何らかのダメージを受けてメラミンが減少するからです。
 
それで白髪を抜くと毛根がダメージを受けてしまい
同じ毛根から生えている他の髪もダメージを受けることになります。
それで白髪が増えるわけです。

また毛根がダメージを受けるので
繰り返すことで髪自体が生えなくなることもあるようです。
 
つまり白髪を抜き続けることで
髪が薄くなってくるというわけです。
 
白髪だけならまだしも、頭髪が薄くなるのは
絶対に避けたいですよね。
 
2つ目は、風呂に入った後
髪を乾かさないということです。
 
髪を乾かさずに濡れた状態にしていると
髪が痛んでしまい、折角の白髪染も
取れてしまうようです。
 
髪が濡れた後はすぐに乾燥させることが
髪のケアになるのです。

熱中症対策で塩分も補給しないといけない理由

2018-08-02
カテゴリ:生活
熱中症対策で水分を小まめに補給しないといけない
ということはほとんどの人が知っていると思います。
 
でも塩分も一緒に補給しないといけないとは
知らない人もいるのではないでしょうか?
 
知っている人でも熱中症対策で
塩分も補給しないといけない理由まではあまり知らないと思います。
今回はその辺りを見て行きましょう。
 
人の血液は水分だけでなく
塩分やミネラルも入っており、バランスが保たれています。
 
それで水分が減ったら水分を補給してやらないと
脱水症状になって体温調節ができなくなります。
これが熱中症です。
 
このままにしておくと体内温度が異常に上がり
内臓や脳がダメージを受けうまく機能しなくなるのです。
したがって処置が遅れると命に関わると訳です。
 
そうならないように水分を摂る事が大事なのですが、
体内から出ていくのは水分だけではありません。
塩分も出て行くのです。
 
汗を舐めるとしょっぱいですよね?
それが塩分なのです。
 
したがって汗をかいたら水分だけでなく
塩分も補給しないといけないのです。
 
水分と塩分が少なくなっているので
電解質のバランスが崩れている状態になっています。
 
ここへ水分だけ補給しても電解質バランスは
依然崩れたままです。
 
この水分だけが多い状態が続くと水中毒状態になり
非常に危険な状態になるのです。
 
水中毒は血液中の塩分が少なくなることで起き、
血液から脳細胞へ水分が移動して
脳がむくれてしまうものです。
こうなってくると命の危険もあるようです。
 
だから熱中症対策では水分の他に
塩分も摂らなければいけないのです。
 
ちなみにスポーツ飲料水や経口補水液が良いと言われるのは
水分と塩分が同時に補給できるからなのです。
 
ただスポーツ飲料水は糖分も多いので糖尿の人は飲めないですが…
またそうでない人でも頻繁に飲んでいると糖尿病になるリスクがあります。
 
TOPへ戻る