本文へ移動
◎優良認定
特別管理産業廃棄物の
中間処理業にて
優良認定されました。
 
エコアクション21取得!
環境産業の環境活動レポートを公開しています。
 
(上をクリックすると環境活動レポートが見れます)
有限会社 環境産業
〒851-0111
長崎県長崎市上戸石町2077-1
TEL.095-830-1111
FAX.095-830-1313

───────────────────────
1.産業廃棄物処理業
───────────────────────

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

日本の公用語は日本語ではなかった!

2018-07-02
カテゴリ:生活
私たち日本人は日本語を話していますよね。
それで大抵の方は「日本の公用語は日本語」という認識だと思います。
 
実はこの認識は間違いで、
世界で唯一日本語が公用語となっているのは
パラオだけらしいです。
 
「エエッ!」っと思うかもしれませんが
これって本当なんです。
 
では日本ではなくパラオで日本語が
公用語になっている理由は何なのでしょうか?
 
まずパラオで日本語が使われるようになったのは
第二次世界大戦の少し前からです。
 
その当時はパラオは日本の委任統治領だったので
日本語が使われていたんですね。
 
植民地だったところでは今でもその当時の言葉が
使われている国がありますよね。
 
そんな経緯がパラオにはあるので
日本語が公用語になっているそうです。
でも今では日本語を話せる人はいないようです。

公用語なのに何故?と思うかもしれませんが
実はパラオでは日本語に他にも英語、パラオ語も
公用語になっているので、現在はそちらが使われているようです。
 
そして日本ですが、日本では方言はあれど
一般的には日本語しか使われていません。

だから政府が改めて日本では日本語が公用語だと
決めていないのです。
 
だから法律上では日本では公用語の指定がない
というのが現状なのです。
 
でもこれから日本で暮らす外国人が増えていくと
自然に日本語と他の言語の比率が段々と小さくなってきます。
そうなれば、日本でも公用語を制定するかもしれませんね。
 
因みに日本という読み方ですが
「二ホン」と「ニッポン」の2つありますが、
正しいのはどちらでしょう?
 
正解はどちらも正解なんです。
ただ混乱しないように国名を示すときには
「ニッポン」が使用されるそうです。

虫歯は感染する?

2018-06-14
カテゴリ:生活
虫歯の痛さって経験した人にしかわからない
地獄のような痛さですよね。
 
またそこまで虫歯が悪化すると
治療も比例するかのように痛いです。
 
筆者も小学生の頃に
このような痛みは経験済なのですが・・・。
 
それで以降は虫歯にならないように気を付け
ちょっとでも歯に異常があればすぐに歯科へ行って
治療をしています。
 
そのおかげもあってか、青年期から今日まで
上記のような歯の痛みとは無縁になっています。
 
また虫歯に関する認識も以前とは変わってきており
その1つが虫歯は感染するというものです。
 
これは筆者も最近知ったもので、
これを知っていれば・・・と後悔したこともあります。
 
虫歯は虫歯菌に歯が侵されることで発生します。
食事後は歯に食べカスが付きますよね。
その食べカスの糖分を虫歯菌が分解し酸を発生させます。

この酸によって歯が解け、結果虫歯になるわけです。
また虫歯によって空いた患部に虫歯菌が侵入して繁殖。
そのため虫歯が悪化します。
 
この虫歯菌は実は生まれたときは全員が持っておらず
その後に、ある原因で感染します。
その最たる原因が親にあるのです。
 
赤ちゃんってかわいいですよね。
しかも自分の子供なら尚更です。
 
だからチューしたり、食べさせるときに
自分が使った箸で食べさせたりします。
 
大抵の親はすでに虫歯菌を持っています。
つまり自分が使用した食器等には自分の虫歯菌が
付着しているわけです。
 
これを赤ちゃんの口の中に入れると・・・
はい、虫歯菌に感染して虫歯になるようになるわけです。
 
このようなことは、かなり以前からある
家庭での食卓の風景でした。
でも、今では虫歯菌に感染するので
こういうことはしない親が増えてきています。
 
データでは3歳くらいまで虫歯菌に感染しなかったら
その後は虫歯になることがグッと減るようです。
 
中には歯磨きはほとんどしないけど
虫歯になったことはないという猛者までいるくらいですから。
 
虫歯の予防にはもちろん歯磨きです。
でも歯ブラシで磨くだけが歯磨きではありません。
デンタルフロス、歯間ブラシも含めてが
正しい歯磨きなのです。

虫歯が多いという方は、もう一度歯磨きそのものを
見直しては如何でしょうか。

 

にんじんの皮は剥かない方が良いのはウソ?

2018-06-01
カテゴリ:生活
にんじんに限らず皮を剥いて食べる食材は
皮やそのすぐ下に栄養がたくさんあるから
剥かずに皮ごと食べた方が良いと言われますよね。
 
実はこれに「待った!」をかける
データが出たようです。
今回は「にんじん」に絞ってみていきます。

にんじんは皮に栄養があるというのが出回ったのは、
皮なしと皮ありのにんじんのカロテン(ビタミンA)を
調べたら、皮ありの方が若干多かったというデータが
基になっています。
 
皮ありの方がカロテンが多かったから
皮に栄養が多いという風になったようです。
でも今回はにんじんの皮と実の部分で調べたところ
ほぼ変わらなかったそうです。
 
つまり皮も実も同じようにカロテンがある
ということが裏付けられたということですね。
 
皮に栄養がたくさんあるから、
食べにくくでも我慢してにんじんの皮を食べていた
という人は、もうそういうことしなくても大丈夫です。
 
ただ今回はにんじんに絞ったことなので
他の野菜についてはまだ不明であります。
 
ただ皮も食べるという点においてはまだメリットもあります。
それがゴミの減量化。
 
皮を食べずに捨てるということは
それだけゴミを増やすということです。
ゴミを出せばそれだけ環境が汚染されるということですよね。

もちろん、にんじんの皮を肥料に使っているなど自然な形で
リサイクルしているなら全く問題ありません。
 
でも大抵の場合は、ゴミとして出して、それを自治体の
清掃員の方が回収して焼却処理をします。
 
するとどんなに排ガスをクリーンにしても
高温で燃やすようにしても周囲への負荷は
ゼロにはなりません。
 
ということは、少しづつ環境が汚染されていっている
というわけです。
もちろん、焼却しないと処理できないゴミも多々あります。

でも、今回のようなにんじんの皮などは各家庭でも
十分に対処できるものですよね。
一番手っ取り早いのは、料理して食べること。
 
自分のためだけでなく私たちの次の世代のためにも
自分たちにできることはできるだけ行った方が
良いのではないでしょうか?
TOPへ戻る