本文へ移動
◎優良認定
特別管理産業廃棄物の
中間処理業にて
優良認定されました。
 
エコアクション21取得!
環境産業の環境活動レポートを公開しています。
 
(上をクリックすると環境活動レポートが見れます)
有限会社 環境産業
〒851-0111
長崎県長崎市上戸石町2077-1
TEL.095-830-1111
FAX.095-830-1313

───────────────────────
1.産業廃棄物処理業
───────────────────────

スタッフブログ

白髪ケアで注意すべき2つのこと

2018-08-17
カテゴリ:生活
齢をとるにつれ白髪も増えてきますよね。
筆者もかなり増えて、遠目からもわかる状態です。
 
白髪ができる原因は、髪を黒くしている
メラミンを作っている細胞が何らかの原因で
ダメージを受けているから。
 
つまり髪が黒いのはメラミン色素があるから
ということです。
そのメラミン色素ができなくなれば
髪が白くなるのも当然ですよね。
 
メラミン色素を作っている細胞が
ダメージを受ける原因の主が老化。
だから年配者には白髪が多いのです。
 
でも白髪は隠したいという人が
多いと思います。
それで白髪ケアをしているという人が
少なくないです。
 
でも折角の白髪ケア。
間違った方法でするととんでもないことに・・・。
 
1つは、白髪を抜くという行為。
よく白髪を抜けば増えると言われますよね。
実はこれって本当のようです。
 
上にも書きましたが、白髪はメラミンを作る細胞が
何らかのダメージを受けてメラミンが減少するからです。
 
それで白髪を抜くと毛根がダメージを受けてしまい
同じ毛根から生えている他の髪もダメージを受けることになります。
それで白髪が増えるわけです。

また毛根がダメージを受けるので
繰り返すことで髪自体が生えなくなることもあるようです。
 
つまり白髪を抜き続けることで
髪が薄くなってくるというわけです。
 
白髪だけならまだしも、頭髪が薄くなるのは
絶対に避けたいですよね。
 
2つ目は、風呂に入った後
髪を乾かさないということです。
 
髪を乾かさずに濡れた状態にしていると
髪が痛んでしまい、折角の白髪染も
取れてしまうようです。
 
髪が濡れた後はすぐに乾燥させることが
髪のケアになるのです。
TOPへ戻る