本文へ移動
◎優良認定
特別管理産業廃棄物の
中間処理業にて
優良認定されました。
 
エコアクション21取得!
環境産業の環境活動レポートを公開しています。
 
(上をクリックすると環境活動レポートが見れます)
有限会社 環境産業
〒851-0111
長崎県長崎市上戸石町2077-1
TEL.095-830-1111
FAX.095-830-1313

───────────────────────
1.産業廃棄物処理業
───────────────────────

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ハンター激減!危険野生動物が・・・

2017-11-24
カテゴリ:生活
ここ2,3年のニュースで目を見張ったものの1つに
熊の出没の多さがありますよね。
 
これまでは人が被害に会うのは稀でした。
でもここ2,3年は異様に多かったですよね。
特に熊。

犠牲になって、熊から食べられた
というショッキングなニュースもありましたよね。
 
専門家もこれまでの熊除けの常識が
通用しない熊が出始めている
と言っていたのが記憶に残っています。
 
つまり、これまでは人から熊も逃げるから
存在を知らせれば熊が逃げていき熊と遭遇する機会が
格段に減っていたけど、それが通用しなくなった
というわけです。
 
どういうことかと言うと
熊に取って人は逃げる存在ではなく
食料と見ている熊が表れだした
ということのようです。
 
非常に恐ろしいことですよね。
映画や漫画などで熊による人害が描かれてますが
それが日本でもいつでも起こりうる状態になっている
ということですね。
 
ちなみに、熊による人害は他にも数件あるようです。
 
一番酷かったのは、三毛別羆事件
かなりの被害が出ています。
 
筆者の周辺では、流石に熊の被害はないですが
イノシシによる被害は多いです。
 
畑や田んぼなどは電柵が普通となっています。
ただ、電柵って人間も危険なんですよね。
 
例えば通学路にある畑にも電柵がしてあり
学生が特に冬ですが暗くなってからも行き来しています。
 
道路も狭く、ふら~っとしたら
電柵へ接触なんてことにもなりかねない状況です。
 
ただここまでイノシシや熊の数が増えた原因には
ハンターの減少があるようです。
 
つまりイノシシや熊にとって一番の天敵は
ハンターでした。
 
そのハンターが減っているのだから
イノシシや熊が増えるのは自明の理ですよね。
 
ハンターだけで生活するのは大変で
掛け持ちが必要になってくるわけですが、
何とかハンターを次の世代へと
伝えていって欲しいですね。
 

auの新料金プランのメリット・デメリットや注意点

2017-07-18
auが7月14日から新料金プランを
スタートさせましたよね。
 
ホームページを見たけどイマイチわかりずらい
という方、わかりました、筆者がわかりやすく
簡単に説明いたしましょう^^
 
auの新料金は月々の支払額を低くしようとするもので
本当かどうかはわかりませんが、格安SIM(MVNO)への
流出を抑えようとするものだそうです。
 
なので、au系列のMVNOであるUQモバイルと比べても
同程度の内容なら1500円程度しか変わらなくなりました。
 
UQモバイルのおしゃべりプランは
14か月目以降は2980円(5分間通話は回数無制限で無料)。
 
一方auの新料金の新料金はスーパーカケホで
データ通信2Gまでなら4480円となり、
その差は1500円となります。
 
元来の価格よりも1000円ほど安くなっていますよね。
まさにMVNO殺し!
 
データ通信20G、30Gは1500円ほどの値下げとなっています。
 
auの新料金のメリットはこれまでよりも安く使えることと
シンプルプランなる重量課金制の通話プランでも
データ通信量を自分で選べることになった点です。
 
これまでは従量課金制の通話プランでは
データ通信は7G固定でした。
 
これが1G~選べるようになったのは
非常に選択肢が増え、あまり電話もネットもしない
というユーザーにとってはありがたいですよね。
 
良いとこづくしのauの新料金ですが、
もちろんデメリットや注意点もたくさんありますよ^^
 
まずはiphoneユーザーの方は、
この新料金は適応できません。
 
正確には、iphoneを買い替えての
新料金への移行はできないというわけです。
 
機種を買い替えて移行できるのは
android機種のみとなっています。
 
iphoneユーザーは今持っている機種を
使うのであれば新料金へ変更できます。
 
2つ目はデータ通信。
区切りは1G、2G、3G、5G、5G以上とあるのですが
これは自分では選べません。
 
正確には自動繰り上げとなるので
今までのように契約してた通信料を超えると
制限がかかって速度が遅くなるということにはなりません。
 
旧プランで言えば、データ量を自動課金で
買うような感じになっています。
 
そして制限がかかる(それ以上買わない)データ量が
20Gのところです。
 
つまり自分で月々のデータ量をきちんと管理しないと
自動で上のデータ量へとシフトしていくので
知らない内に高くなったということになる
わけです。
 
しかも5Gを超えたら20Gまで料金は同じなので
5Gのところが非常にシビアになってきますよね。
 
この辺り、自分でデータ通信量を選んで
そこで制限がかかるような親切設計に
何故しなかったのかわかりません。
 
しかも5Gの次が20Gって・・・(汗)
 
3つ目は毎月割。

auの新料金では機種代金を割り引いてくれる
毎月割が適用外
となります。
 
ということは、機種代で2000円ほど割引あったら
これまでより1000円高くなるということですよね。
 
機種代の支払いが毎月1000円以内なら
差額分安くなり、支払い終わったら
機種変更しない限り1000円安く使えるということになります。
 
ただauの新料金ではアップグレードプログラムEX
というのがあるのですが、これはあまりお勧めしません。
 
これは月390円を24回(2年)支払うことで
機種代を48分割にでき、25か月目で機種変更すると
残りの24か月分の分割支払いが免除になるというもの。
 
ということは、アップグレードプログラムEXを使用している限り
機種代を支払い続けるということになるわけです。
 
機種変更しなくてもよいですが、
その場合は48か月機種代を支払う必要があり、
さらに390円×24回分が無題になります。
 
4つ目は、auスマートバリュー。

これまではデータ通信2Gまでは約1000円、
それ以上は約1500円が割り引きだったのですが、
新料金へ移行するとそれぞれ500円、1000円と
減額されます
 
5つ目はテザリング。

旧プランでは無料でしたが、新料金では有料となります。
 
さて、auの新料金について述べてきましたが
如何でしたか?
 
筆者的には、今使っている機種で
プラン変更するのはありだけど
機種変更してプラン変更するのは微妙かな?と。
 
ただこれを機にキャリアの料金プランも
より安く、より使い勝手が良いものになって欲しいですね。
 
今回のauの新料金で思ったのは
やっぱりユーザー目線というのが大事なのだと
改めて思った次第です。
 

革製のスマホカバーは電池の寿命を縮める

2017-07-03
最近では年配の方でもスマホ
という方が多くなってきましたよね。
 
それでも約10%のシュアでガラゲーは
需要があるところが凄いですよね。
 
ただ残念ながら、今年でガラゲーの開発は
おしまいのようです。
 
スマホの電池にはリチウムイオン電池が使用されていて
実は熱くなったり冷えたりしています。
 
電池が劣化するのは、熱くなったとき
つまり充電中はスマホが熱くなりますが、
これは電池が熱くなっているわけです。
 
そしてこの熱くなった電池を冷やすために
スマホには色んな工夫がされているのですが、
これを妨げているのがスマホカバー。
 
というのも、熱くなったときに
放熱しやすいような設計になっているのですが
スマホカバーをつける事によってそれが妨げられる
というわけです。
 
一番使用してはいけないのが革製のスマホカバー
特に手帳型のもの。
 
かなり電池の寿命が縮むようですよ。
できれば、買い替えたほうが良いかも。
 
ちなみに筆者のスマホカバーは、
後ろの真ん中に直径約3センチの穴が空いており
そこから熱を放熱するようになっています。
 
また、充電しながらのスマホの使用も
内部の温度が上がるので電池の寿命を縮めるようです。
 
電池の交換やスマホ代も馬鹿にならない価格なので
できれば長く使いたいものです。
 
TOPへ戻る